「一汁一菜でよいという提案」を実践しています

「一汁一菜でよいという提案」を実践しています

鮭とキャベツの寄せ鍋風みそ汁と白いご飯に浅漬け♪🍚

料理研究家の土井善晴先生の著書、
一汁一菜でよいという提案
に影響受けて、ここ最近実践しています♪

一汁一菜でよいという提案

っていうか、
ここ2ヶ月ずっと色々と忙しく、
ご飯を作る時間もなかなか取れなくなくなってきたので、
簡単に食べられて、且つ栄養もそこそこ取れるもの…
と考えてたら「一汁一菜」にたどり着きました♪

「一汁一菜でよいという提案」を実践しています

土井善晴先生曰く、
江戸時代の庶民の食卓のように、
白いご飯を中心に漬物と具だくさんの味噌汁があれば、
なにも一汁三菜でなくてもいいのではないかということ…。

ただ普通のお椀の味噌汁ではすぐにお腹が空いてしまうので、
汁物はとにかく具だくさんを心がけて、お椀の大きさも
ラーメンが食べられるくらいの丼でいただいています♪(笑)

鮭も大根もキャベツも、
調理の手間が掛からないようにただ切って鍋に放り込むだけ♪

元々殆どの野菜は皮を剥かないで調理する派だったので、
これだと調理時間は約30分のみ。
5食分を一度に作り置きして、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておけば、
時間がないときでもさっと温めれば
すぐに食べられるので楽チン♪楽チン♪

一人暮らしだからこそ出来るズボラ料理~♪(笑)😋✌

「一汁一菜でよいという提案」を実践しています


一汁一菜でよいという提案


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する