晴天を誉めるには日没を待て

晴天をほめるには日没を待て

「晴天を誉めるには日没を待て」

朝、晴れていたからといって喜んでみても、
夕方にならなければ、
その日一日の本当の天気はわからないもの。

それは人生も同じ。

人の幸も、
死ぬまではなんとも言えないものなのです…。

空の色 [ Habu ]


関連記事

tag : 晴天をほめるには日没を待て 晴天を誉めるなら夕暮れを待て ASKA ことわざ 秋の夕焼け

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する