スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュアダックス・ブラックタンのレオン君

ちょうど1年前。犬ぐるみさんにて
関連記事
スポンサーサイト

リッツの上に蜂蜜をつけて食べようなどと慣れない事をしようとしたら新聞の上に垂らしてしまった瞬間

2008.6.27(金) 読売新聞テレビ欄
関連記事

まだ青いイチゴ

ご近所散歩にて
関連記事

生命力あふれる森の中の木

泉の森にて
関連記事

やっぱりこの中が一番落ち着くのヨ~♪

犬ぐるみさんのメリーちゃん
関連記事

青い空にそびえたつ鉄塔

米軍座間キャンプ周辺にて
関連記事

今までで一番可愛く撮れたと自負してる猫ちゃんの写真

泉の森からふれあいの森へ行く間の道にて
関連記事

海老と鶏肉の青茶炒め

バーミヤンにて
関連記事

’86年 CHAGE&ASUKA Xmas SPECIALのチケット

1986.12.13-14 CHAGE&ASUKA Xmas SP 日本武道館


1986年12月13日 12月14日
CHAGE&ASUKA Xmas SPECIAL SUPER EXPLOSION SERIES
日本武道館コンサート

2日間に渡って行われたチャゲアスのクリスマスコンサートのチケットです♪
もちろん両日とも足を運んでしまいました♪

この年の12月、チャゲアスは「Snow Mail」という1枚のクリスマスアルバム(LP盤)を限定発売しました。
4曲入りのミニアルバムで、すべてがチャゲアス二人の作詞作曲によるオリジナルクリスマスソングです。
↓↓↓
snow mail

収録曲:
「シルバーパラダイス」
「ポニーの白い息」
「WHITENIGHT WHITEMOON」
「今宵二人でX'mas」

今でこそクリスマスシーズンになると、こぞって色んなアーティストがクリスマスソングを発売しますが、
当時ではまだ珍しい存在だったと思います。
中身も、ホントいい曲ばかりなんですヨ♪
でもこれだけの名曲、チャゲアスがブレイクした後でも、意外と知らない人が多いのです…。
それはなぜかと言うのは後で書くとして、まずはコンサートの事を先に書きます。

コンサートではこのアルバムの曲を中心に、会場全体がその時だけは12月24日の雰囲気に包まれるのです♪

たっぷりとクリスマス気分に浸れたとてもいいコンサートでした♪
アルバムの曲が、これまたばっちりライブでお客さんと一体になれるよう、上手く作られてるんですよこれが♪

コンサートが終了すると、会場の照明が明るくなりお客さんは夢見心地の中、出口へ向かうわけですが、
いつもその時に何かしらの音楽がBGMとして会場に流れます。
このコンサートでは、“ジョンとヨーコとプラスティック・オノ・バンド”の「Happy Xmas (War Is Over)」が流されてました。

Happy Xmas (War Is Over)Happy Xmas (War Is Over)
(2003/12/08)
John & Yoko - The Plastic Ono BandThe Harlem Community Choir

商品詳細を見る


当時の私は、この有名な曲の存在を全然知らなくて(笑)、それでも、「ああ、いい曲だなぁ…」と感じ、これをきっかけに、その後もなんとなくそのメロディが忘れられずずっと胸のどこかに残るようになりました。

数年後、この曲が大変有名なクリスマスソングであるという事を知った時、ジョン・レノンを尊敬すると共に、
あのコンサート会場でこれを流したチャゲアスのセンスってカッコイイ~なんて思ったものでありました。

snow mail


ちなみにこの「Snow Mail」というLP盤、
それまで発売されたチャゲアスのLPが、その後続々とCD化されていく中、なぜかこれだけはCD化されていないんですヨ。
だからファンの間では、幻のプレミアムアルバムと言われてるそうです。
(オークションに出すと、結構いい値段がつくらしいです♪)

ただその8年後(チャゲアスが「SAY YES」でブレイクした後)、1994年の12月、
完全予約限定4枚組CDボックスという形で発売されたベストアルバムに、この「Snow mail」の4曲も収録されたのでありました…。

私、それ、買いそびれました…(涙)。

当時、仕事がメチャクチャ忙しくて…、ろくに家にも帰れない状態で…、ろくに寝てなくて…、気がついたら予約期間も過ぎていて…、あああああ…。

でもいいんです…、LP持ってるから…♪

今、レコードプレーヤー捨てちゃって聴けないけど…(笑)。
関連記事

厚木基地に降り立つ海上自衛隊の飛行機

厚木基地
関連記事

♪つ~るり~んぱ ♪つるり~んぱ

正体は「月極有料駐車場 鶴林(つるばやし)パーキング」の看板で~す
関連記事

丸いものシリーズ・駐輪場の固定金具

この丸い部分に自転車の車輪を突っ込んで固定するようです
関連記事

「どうぞたくさん召し上がれ」と出迎えてくれたワンコ型の箸置き

お食事をご馳走になりに行った某所にて
関連記事

巨大化するてるてる坊主

ざっと1メートルはあろうかと…


おそらくコレって、
最初は普通の大きさのてるてる坊主だったと思うんですヨ。

でも、
家主でさえ軒下に釣るしたのを忘れてしまっていて、そのまま放置…。

そしたら実は、
夜な夜な身長が伸びていて、
気がついたらこんな巨大になっていてビックリ!…みたいな。

きゃ~~~~~!(^^;
関連記事

このギアをトップに入れた時、私についてこられる者など一人もいないのさ。フッ…。

散歩中に見た人の家の自転車なんですけどネ…(汗)
関連記事

ウチのアポロを睨む猫…(汗)。

「短い足して、いきがってんじゃねーぞオラァー!」
関連記事

散歩中に見た朝6時のさわやかな空と太陽

家から5分歩いたところ…
関連記事

大型スーパーの駐車場入り口に設置された開閉バー

イオンにて


思わず背面跳びをしたくなります…(嘘)。
関連記事

我が家のハンガーアート

室内干し

雨の降る日、洗濯物を室内で干す準備をしているウチの奥さん…。

この微妙なハンガーの吊るし方は、何か意味でもあるのでしょうか…(笑)。

室内干し


10分後に見たら、吊るし方が変わってましたっ。

なぜ…っ!?
関連記事

はたらきもの

朝のご近所散歩にて
関連記事

ウチのアポロを虜にさせたトイプードル

いつもの広場にて
関連記事

トイプードルを前にして「マテ」をさせられてるアポロ

「マテ」&「もっとフセ」のコマンドをかけられてるアポロ
関連記事

前足を揃えて行儀のいい猫ちゃん

朝のご近所散歩にて
関連記事

ふたが開いて種子が出るナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

春先になると、そこらで見る事が出来るナガミヒナゲシですが、
この花、調べてみたらなかなか面白いです。

ナガミヒナゲシ

種子が詰まった蕾のような部分(子房というのでしょうか)の頭に、
円盤状のフタみたいな帽子をかぶってるのですが、
5月中ごろになって見てみると…、

ナガミヒナゲシ

これが上にパカッと開きまして、
種子が出る隙間が出来るのです…♪

カッコイイです♪






関連記事

苦手なんだけどまた撮ってしまったクモ…

このフサフサした足とか曲がり具合とかぷっくりしたお尻とか、あ~もう全部だめなんですよねぇぇぇ~っ(泣)
関連記事

我が家の不快指数計

健康メーター

<2008年5月27日 15時03分撮影>
温度24℃ 湿度34% 不快指数62
とてもさらっとして気持ちのいい日です。

この健康メーター、10年以上も前に東急ハンズで買ってきたものですが、
なかなか気に入っております♪
関連記事

’86年 CHAGE&ASUKA 横浜スタジアムコンサートのチケット

1986.8.9 横浜スタジアム


1986.8.9 COUNT DOWN SUMMER EXPLOSION SERIES
横浜スタジアムコンサート

チャゲアスといえば、夏の野外LIVE!
念願の野外LIVEへ初めて足を運んだときのチケットです。

あ、久しぶりにチケットネタなので、今日の記事、また長くなります(笑)。
興味のない方は、特に読まれなくてもいいかと…(笑)。

さて、ディスコグラフィー的にいうとこの年は、
「モーニングムーン」「黄昏を待たずに」という2枚のシングルを発売し、
次の「Count Down」を発売する直前のコンサートです。

盛り上がりました…!

もう何から何まで…!

このコンサートでは、「棘」という曲の演奏終了直前、
電源を取らなければならない全ての楽器の音が突然出なくなるというアクシデントがありました。

が、それに対してすぐにアドリブで対応したドラムスとASKAさんの連携プレイで、
まるでそれもひとつのパフォーマンスであるかのように見せ、
観客の熱気を全く冷まさせることなく乗り切ったのでありました。

この出来事については、
のちに発売されたチャゲアスのドキュメント本「PRIDE」に詳しく書かれておりますので、
ご興味のある方は是非一度読まれてみると面白いかもしれません。

10年の複雑―PRIDE〈上〉 (角川文庫)

10年の複雑―PRIDE〈下〉 (角川文庫)

で、この「PRIDE」という本には、他にも興味深い話が満載でして。

このコンサートでも、
華やかな表面だけしか見ていない我々ファンにはわからない大変な逸話も載っておりました…。
実は、最後の曲も終わり、楽屋に戻ったASKAさんが呼吸困難になり痙攣を起こして動けなくなっていたという事実…。

知りませんでした…。

その状態でASKAさん、ステージに戻ってアンコールをこなしたんですヨ…。

本によると、その時ASKAさんの体は、全身の筋肉ががこわばり、
足の指が全部内側に収縮するような、そんなすさまじい状況の中で歌っていたそうです。
(キチンと読み返してないので、記憶で書いてます…汗)

ステージを見ていた私たち観客の中で、
その事に気づく人はおそらく誰もいなかったんじゃないかと思います…。

凄いですね、プロって…。というより、ASKAさんが凄いです…。

当時、ビデオも発売されました♪

1986.8.9 横浜スタジアム

引っ張り出してきてアポロとパチリ☆

収録されている曲はこんなカンジです♪
↓↓↓
1986.8.9 横浜スタジアム

字がちっちゃくて読めませんネ(笑)。
写真をクリックすると拡大画像が見られます(^^;

懐かしいです。
まだASKAさんの表記が「ASUKA」さんだった頃です。
(これは、外国人が発音すると「アシュ~カ!」となるそうなので、のちに「ASKA」に変えたとの事)

そういえばこのコンサートのビデオ、
当時まだコピーガードが導入される前の作品なんですよね…。
だから、普通にダビング出来ます(笑)。

今度、DVDにでも焼いて久しぶりにゆっくり鑑賞したいと思います…。
(あくまでも、個人が楽しむ範囲でですからね♪)
関連記事

いつもカメラ目線ありがとう、な猫

ご近所の猫
関連記事

昔のSFに出てくる未来都市住宅みたいな形の蕾

人の家のプランターに植えてあった植物(笑)
関連記事

丸いものシリーズ

EPSON PM-A900

エプソンの複合機のボタンたち。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。